歯周病治療

歯周病って、どんな病気?

歯周病は、日本では「国民病」と呼ばれています。

なぜなら、日本人が歯を失う最大の原因とされ、成人の約8割がかかっている、またはその予備軍と言われているからです。

プラークに棲みついた歯周病菌によって、歯肉などの歯周組織が炎症を起こす歯周病。

悪化すると顎の骨が溶かされ、いずれは歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は虫歯以上に初期の自覚症状がない病気。

つまり、歯肉に腫れや痛みを覚えた時には、すでにかなり進行しているというケースが多いのです。

そして自然治癒することがほとんどないため、歯科医院で治療を受けなければ悪化の一途をたどります。

「早期発見・早期治療」は、歯周病治療にも非常に重要なポイント。

少しでも違和感が生じた時には、すぐに当院にご相談ください。


こんな症状があったら要注意

1.歯肉の出血歯肉に炎症が起きているサインです。
2.口臭歯周病菌が繁殖すると強い口臭が発生します。
3.歯肉の腫れや変色赤色~赤紫色への変色は、代表的な歯周病の症状です。
4.お口の中のネバネバだ液中の歯周病菌が増えると、起床時に口腔内がネバネバします。
5.歯肉が下がった症状が進行すると歯肉が後退するため、歯が長く見えるようになります。
6.歯肉から膿が出る炎症を放っておくと膿が出始めます。
7.歯肉が痛い、ムズがゆい顎の骨が侵され、物を噛む衝撃に耐えられず痛み、またムズがゆく感じることがあります。
8.歯がグラグラする歯を支える顎の骨が溶けるため、歯がグラグラし始めます。
9.歯に食べ物が挟まりやすい症状が進行すると歯と歯のすき間が広がり、食べ物が挟まりやすくなります。

こんなことも原因のひとつ

歯周病の原因には、「歯ぎしり」や「食いしばり」も挙げられます。
これはビジネスマンに多いという傾向があり、日常のストレスが引き金となっていると言われています。

歯ぎしりも食いしばりも、睡眠中やストレスのたまった時などに無意識におこなっていることが多く、これによって歯肉にダメージが生じて、ブラッシングを丁寧にしていても歯周病になりやすくなってしまうのです。


歯周病症例

初回来院時


初回来院2ヵ月後


歯周病進行段階

進行段階症状治療法
[初期]
歯肉炎
歯肉が赤く腫れ、ブラッシング時に出血します。歯科医院でプラークや歯石を取り除きます。
進行段階症状治療法
[中期]
軽度歯周炎
歯肉がさらに腫れ、歯がグラつきます。
歯周ポケットの深さは3mm程度(健康時:2mm)です。
初期の段階より時間をかけてプラークや歯石を取り除きます。
進行段階症状治療法
[後期]
中程度歯周炎
歯周ポケットの深さは4~6mmとなり、歯がグラグラし、硬い物が噛みにくくなります。プラーク、歯石を取り除きます。歯根部分の処置のために、歯肉を切開することもあります。
進行段階症状治療法
[末期]
重度歯周炎
歯周ポケットの深さは7mm以上になり、
顎の骨が半分以上溶かされて最後には歯が抜け落ちます。
外科手術や顎の骨の再生治療が必要になります。

歯周病治療の流れ

1.応急処置
歯肉に膿が溜まっている場合、切開して膿を排出して噛み合わせの調整、投薬などをおこないます。


2.プラークコントロール
患者さんのプラークコントロールの状況を説明し、正しい方法を説明・指導します。

3.スケーリング
歯肉についている歯石を取り除きます。

4.再評価検査(1)
スケーリング後の歯肉の回復度を検査します。
結果が良好な場合は定期的なメインテナンスに移行し、そうでない場合には治療について再検討をおこないます。

5.スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
局部麻酔を施したうえで、歯肉についた歯石や、それに汚染されたセメント質を取り除いて歯根の表面をツルツルに磨き上げます。

6.再評価検査(2)
1回目の検査で良い結果が得られなかった場合に、再度改善状況を検査します。
ここでも結果が良くなかった場合には、歯周外科手術をおこないます。

7.歯周外科手術
歯肉を切開して顎の骨からはがし、歯根の先端や根と根の間にこびりついた歯石を取り除いてツルツルにします。
このほかにも症状に合った手術をおこなっていきます。

8.メインテナンス
治療によって健康な歯肉を取り戻したら、それを維持するために、定期的なメインテナンスを欠かさないようにしましょう。