予防歯科・クリーニング(口臭治療)

予防歯科

悪くなる前に処置で健康を守る

予防歯科


虫歯や歯周病になった場合に治療をするのは当然ですが、できれば発症前に防ぎたいものです。虫歯も歯周病も原因がわかっているだけに、比較的しっかりと予防できる病気。当院の予防歯科では、虫歯や歯周病にならないためのさまざまな処置をおこなっています。

虫歯治療では歯を削らなければなりませんが、削られた歯は二度と元に戻らないだけでなく虫歯が再発しやすくなってしまいます。予防をきちんとおこなえば、そんなリスクや治療の際の痛み、また治療費などの負担もなくすことができるのです。

健康な歯はなにものにも代え難い財産です。自分自身で行うケアと定期検診による予防を両立させて、大切な歯を守っていきましょう。


当院の予防歯科

ブラッシング指導


ブラッシング指導


ブラッシングは、毎食後におこなうことが理想的です。

しかし、しっかりブラッシングしているつもりでも、どうしても磨けていない部分は生じてしまうもの。磨き残しを染め出し液でチェックし、正しいブラッシング方法を指導します。

歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの選び方、使い方など、わからないことはなんでもお気軽におたずねください。



PMTC


日頃のブラッシングだけではどうしても残ってしまう汚れを、専用の器具を使用して徹底的にクリーニングする処置です。
3~4ヶ月に一回の割合でおこなうのが効果的です。
歯と歯、歯肉と歯肉の間に残った汚れを落とし、洗浄します。

最後にフッ素を塗布してツルツルに磨き上げることで、虫歯の再発を防ぎます。



噛み合わせチェック


噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、
顎関節症の原因になることもあります。

噛み合わせをチェックし、病気がないか、また発症のリスクがないかなどを調べます。



定期検診


毎日しっかりケアをしていても、自分自身では取りきれない歯の汚れや気づきにくいお口の病気があります。

そこで3~6ヶ月に一度は定期検診にお越しいただき、歯と歯肉の健康をチェックするようにしましょう。


予防・メンテナンスはなぜ重要なの?

毎日しっかりブラッシングしているはずなのに、せっかく虫歯や歯周病を治した歯がまた同じ病気にかかって、治療が必要になってしまった……という方はいらっしゃいませんか?

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、たとえきちんと治療をしてもセルフケアだけでは再発を防ぎきることは難しいとされています。

また、治療を繰り返すと歯はどんどん削られていき、もろくなったり寿命が短くなったりしてしまうのです。

最悪の場合は抜歯も避けられなくなり、歯の機能を回復するために入れ歯やインプラントを検討しなくてはなりません。


日本では、いまでも「歯医者さんへ行くのは痛くなってから」という考えが根強いかもしれません。

しかし、欧米などの歯科先進国では「痛くならないように歯医者さんで予防する」のが当たり前です。

定期検診やメンテナンスによって、お口の中をチェックしたり、歯科衛生士による専門的なクリーニングを受けたりして、トラブルを未然に防ぐことが大切なのです。

早期発見・早期治療ができれば、お口まわりはもちろん、時間的、経済的にも負担は軽減されます。


いつまでもご自身の歯で美味しい食事や快適な会話を楽しんでいただくためにも、積極的に定期検診やメンテナンスを受けましょう。

予防こそ、究極の治療です。


クリーニング(口臭治療)

口臭は気になりませんか?

口臭とは痛みなどと違い、自分だけでなく周囲の人にも不快な思いをさせてしまうものです。

しかも口臭は、自分自身では気づきにくい傾向があります。

口臭が気になる方も、口臭が心配な方も、まずは口臭の種類やしくみを知ってその改善に努めていきましょう。


さまざまな口臭

生理的口臭


生理的口臭


だ液の分泌量が少なくなったり、細菌の量や成分に変化があったりすると発生する生理的口臭は、食事やブラッシングでだ液量が増えればおさまるため、あまり気にする必要はありません。

日頃からブラッシングでお口の清潔を保ち、口臭の発生を防いでいきましょう。



全身疾患による口臭


全身疾患も口臭の原因となることがあります。
扁桃腺炎、副鼻腔炎、糖尿病、肝臓疾患、食道ガンなどがそれにあたります。

お口の中の治療が終わっても口臭がおさまらない場合には、全身疾患を疑いましょう。


嗜好品・飲食物による口臭


たばこのタールやニコチン、また臭いの強い飲食物をとった後には、その残留物によって口臭が発生します。

これらは時間の経過とともにおさまるため、心配はいりません。



お口の問題による病的な口臭


ひどく進行してしまった虫歯や歯周病、ドライマウス、またこびりついた舌苔(ぜったい)、
乱れた噛み合わせによる歯みがき不足などによって口臭が発生します。

またお手入れが十分でない、汚れた入れ歯も原因となります。

こういった場合には歯科医院で原因を調べ、それを取り除く治療をおこなっていくことで改善が見込めます。


自臭症


自分の口臭が気になって対人関係にも支障が生じるほどになっている方は、自臭症である場合もあります。

自臭症の方の傾向として多いのが、実際には臭いは持っていないというケース。
一度ご来院いただき、実際に口臭があるのかどうかを専門の機械で計測してみましょう。


口臭の原因が口の中にあった場合には、歯科医院で直すことが可能です。ただし、 生活習慣や全身疾患が原因だった場合には、セルフケアや各種医療機関での治療が 必要となることもあります。まず大切なのは、その原因をつきとめること。口臭が心配な 方は一度、お気軽に当院にご相談ください。